RPA技術者検定

WinActorのシナリオ作成技術は「ここまでできれば十分」という明確なラインがありません。
そのため、自分の力が足りているのか、足りていないのかがわかりにくいものです。
RPA担当者としてのレベルアップを図るには、『RPA技術者検定』がお勧めです。

『RPA技術者検定』は、RPAに携わる業務に就くか、担当業務に対してRPAを活用していく上での、
RPA、WinActorの基礎知識からシナリオ作成の実践に至るまで、自らの実力を測る検定となります。

TOP RPA技術者検定

試験の目的

  1. RPA技術者に目標を示し、刺激を与えることによって、その技術の向上に役立てる
  2. RPA技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、RPA技術者教育の水準を確保
  3. RPAを利用する企業、官庁などが技術者の選定を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供

検定一覧

RPA技術者検定は2つのレベルがあります。

検定 概要 受験対象者 リンク
RPA技術者認定 アソシエイト
WinActorの基本の活用方法を選択形式で出題し、WinActorを活用する上での基礎知識が身についているかを測ります。

  • WinActorの基本的知識を有している方
  • WinActorでシナリオ作成経験のある方
  • WinActorの基礎知識を体系的に学びたい方
詳細
RPA技術者認定 エキスパート
WinActorの基本機能を利用したシナリオの新規作成と修正について出題し、実際の業務におけるWinActorを活用した自動化の技術レベルを測ります。

  • WinActorの機能について深く理解し、実際にWinActorを業務上の改善ツールとして活用経験のある方
  • WinActorのシナリオ変更やトラブル対応などの経験がある方
詳細