RPA技術者検定 エキスパート

WinActorのシナリオ作成技術は「ここまでできれば十分」という明確なラインがありません。
そのため、自分の力が足りているのか、足りていないのかがわかりにくいものです。
RPA担当者としてのレベルアップを図るには、『RPA技術者検定』がお勧めです。

『RPA技術者検定』は、RPAに携わる業務に就くか、担当業務に対してRPAを活用していく上での、
RPA、WinActorの基礎知識からシナリオ作成の実践に至るまで、自らの実力を測る検定となります。

TOP RPA技術者検定 RPA技術者検定 エキスパート

RPA技術者検定 エキスパートとは

資格の概要 WinActorの基本機能を利用したシナリオの新規作成と修正について出題し、
実際の業務におけるWinActorを活用した自動化の技術レベルを測ります。
資格を取得する
メリット
  • RPAによる自動化対応の技術(WinActor活用)が一定水準を満たしていることを証明いたします。
  • マニュアルからは判断できない実務に応じた効率的なWinActorの活用を進めることができます。
  • 組織におけるDX人材育成への活用や、技術支援を行う際の技術者レベルの評価に活用できます。
  • RPAを用いたコミュニケーション手段の一つとして活用できます。
受検料 オンライン受検:21,780円(税込)
検定時間 120分
検定形式 選択式問題30問+実技検定問題3問 ※ 2部構成となります。
受検環境 お客様のPCからオンライン受検環境に接続し、受検いただくこととなります。
 WinActorバージョン:v7.2.1
 OS:Windows Server 2019(オンライン受検)※Windows10と操作性に相違はございません。
 ソフト:Microsoft Office 2016
※なお、オンライン受検環境は主催者側で用意いたします。
インターネットに接続できるPCをご用意ください。
ご利用いただけるブラウザはChrome、IE(Ver11)、FireFoxのいずれかになります。
検定範囲 検定範囲をご参照ください。
検定問題サンプル 検定問題サンプルをダウンロードし参照ください。
合格基準 「選択式試験」および「実技試験」、それぞれで合格基準を設定しており、
合格するためには、双方の合格基準を満たす必要があります。
次回開催日程 第13回RPA技術者検定 エキスパート
2021年8月26日(木)、27日(金)、28日(土)、29日(日)
申込期間 2021年7月19日(月)12:00 ~ 2021年8月6日(金)12:00
申込サイト ※上記申込期間において、下記「DXマーケットプレイス」から申込可能となります。
https://nttdata-mp.com/
検定に関する質問
事項、注意事項
検定に関する質問事項、注意事項をダウンロードし参照ください。
検定の手順書等 検定の手順書等資料をダウンロードし参照ください。

検定対策 お役立ちリンク

◆ 検定対策講座

過去の出題問題を元に、シナリオ作成のポイントを講義し、受講者のスキル向上を目的としたトレーニングを行います。

もっと知る

◆ 検定対策本

◆ 合格者の声