RPA技術者検定 エキスパート
合格者インタビュー

WinActorのシナリオ作成技術は「ここまでできれば十分」という明確なラインがありません。
そのため、自分の力が足りているのか、足りていないのかがわかりにくいものです。
RPA担当者としてのレベルアップを図るには、『RPA技術者検定』がお勧めです。

『RPA技術者検定』は、RPAに携わる業務に就くか、担当業務に対してRPAを活用していく上での、
RPA、WinActorの基礎知識からシナリオ作成の実践に至るまで、自らの実力を測る検定となります。

RPA技術者検定 エキスパート 合格者インタビュー

匿名希望 サービス業

第14回(2021年11月)合格

現在のお仕事内容を教えてください。

システム担当で社内の業務改善を行っています。

業務でRPA(WinActor)とは、どのような関わりがありますか。

導入~開発~管理

受検のキッカケを教えてください。

アソシエイト検定を2019年に取得しており、資格を取得することで自身のRPAの技術力のレベルを図りたかったためです。

受検にあたり、どのような勉強をどのくらいしましたか。

実際の業務で10本ほど作成・管理した経験が活かされました。
普段からRPACommunityのセミナーに参加し、WinActor開発技術の習得をしていました。
受験用に勉強をしたのは、2週間×2時間くらいです。
ヒューマンリソシア様の動画を見たり、WinActorのマニュアルの対象部分を一通り確認しました。
過去問題第1~6回を、2回ほど通しで解き、どれくらいの時間配分で解く必要があるのか、どのような問題が出題されるのかを参考にしました。

受検に向けた勉強は、日頃の業務にも役立っていますか。

非常に役に立っています。
試験勉強をすることで、普段使用しないノードなども理解できより幅広くノードを知ることができました。
作成する開発スピードがアップし、より安定したRPAの作成に繋がりました。

合格して良かったこと、資格を持っていて良かったことを教えてください。

資格を持つことにより、RPA開発者としてのレベルが外部にわかりやすく、評価につながること。

エキスパート合格で得た知識や技術を今後どのように活かそうと考えていますか。

先の質問で回答の通り、実務で生かすことができます。

今後受検される方へ、合格に向けてアドバイスをお願いします。

選択式問題は、シナリオの読取問題も良く出てきます。
繰り返しや判定、似たような機能のノードの違いを理解しておくと良いです。
デュアルディスプレイを使用し、問題と答えを分けて表示するなど試験環境を整えておく工夫もあると良いでしょう。
試験中に見直しをする余裕はあまりないと思いますので、1問ずつ着実に解いてください。
試験勉強することで、合否に関わらず自身のスキルアップにつながります。

※インタビュー記事内容は、合格者様の感想です
※合格者様のお仕事内容等は、インタビューご回答時のものであり現在と異なる場合がございます