RPA技術者検定 エキスパート
合格者インタビュー

WinActorのシナリオ作成技術は「ここまでできれば十分」という明確なラインがありません。
そのため、自分の力が足りているのか、足りていないのかがわかりにくいものです。
RPA担当者としてのレベルアップを図るには、『RPA技術者検定』がお勧めです。

『RPA技術者検定』は、RPAに携わる業務に就くか、担当業務に対してRPAを活用していく上での、
RPA、WinActorの基礎知識からシナリオ作成の実践に至るまで、自らの実力を測る検定となります。

RPA技術者検定 エキスパート 合格者インタビュー

匿名希望

団体受検(2022年1月)

現在のお仕事内容を教えてください。

社内のDX推進

業務でRPA(WinActor)とは、どのような関わりがありますか。

社内業務プロセスのオートメーション化

受検のキッカケを教えてください。

会社受験があり、良い腕試しの場だと思ったので

受検にあたり、どのような勉強をどのくらいしましたか。

0時間(受検向けの勉強は特にやらず)

受検に向けた勉強は、日頃の業務にも役立っていますか。

前述のとおり、受検向けの勉強は特にやっていないので、日頃の業務で取り組んできたことが受検に役立ちました

合格して良かったこと、資格を持っていて良かったことを教えてください。

特にありません

※インタビュー記事内容は、合格者様の感想です
※合格者様のお仕事内容等は、インタビューご回答時のものであり現在と異なる場合がございます