RPA技術者検定 エキスパート
合格者インタビュー

WinActorのシナリオ作成技術は「ここまでできれば十分」という明確なラインがありません。
そのため、自分の力が足りているのか、足りていないのかがわかりにくいものです。
RPA担当者としてのレベルアップを図るには、『RPA技術者検定』がお勧めです。

『RPA技術者検定』は、RPAに携わる業務に就くか、担当業務に対してRPAを活用していく上での、
RPA、WinActorの基礎知識からシナリオ作成の実践に至るまで、自らの実力を測る検定となります。

RPA技術者検定 エキスパート 合格者インタビュー

M.Sさん 情報通信業

第14回(2021年11月)合格

現在のお仕事内容を教えてください。

企画営業部門

業務でRPA(WinActor)とは、どのような関わりがありますか。

会社で商材の一つとして取り扱っています。社内でも利用推進されています。

受検のキッカケを教えてください。

アソシエイトは取得済でしたが、ごく小さなシナリオ作成しか経験が無く、実務に活かせる力もつけたいと思ったため。

受検にあたり、どのような勉強をどのくらいしましたか。

どんな勉強を → 過去問題(第1-6回のもの)、検定範囲のドキュメント類内容確認、NTTデータの「WinActor実践講座」受講。
過去問題は時間配分等を制限時間内で完了できるまで繰り返しました。
「実践講座」の問題はヒントも解説もとても分かり易く、私はこの勉強でシナリオ作成の理解が深まったと感じています。
どのくらい → 2ヶ月計画で取組み、特に検定前の1ヶ月はほぼ毎日2-3時間勉強しました。

受検に向けた勉強は、日頃の業務にも役立っていますか。

とても役立っています。講座や過去問を解くことで、それぞれのノードやライブラリの理解を深める頃ができ、シナリオが効率的に作成できたり、保守性も考えながら作ることができるようになったと思います。

合格して良かったこと、資格を持っていて良かったことを教えてください。

一定水準の技術力を身につけていることの証明になり、今後の評価に繋がりそうです。また自分のスキルへの自信にも繋がりました。

エキスパート合格で得た知識や技術を今後どのように活かそうと考えていますか。

以前より格段にシナリオ作成時の様々な知恵がついたと思います。更に仕事に活かしていきたいと思っています。

今後受検される方へ、合格に向けてアドバイスをお願いします。

過去問題は解いて時間配分等を確認しておくことをお勧めします。
受験時は、シナリオ保存方法等に一定のルールもあるので、その手順が分かっているだけでも安心して取り組めます。
また、質問内容の理解も少し慣れることで回答作成等早くなるように思います。

※インタビュー記事内容は、合格者様の感想です
※合格者様のお仕事内容等は、インタビューご回答時のものであり現在と異なる場合がございます