RPA技術者検定 エキスパート
合格者インタビュー

WinActorのシナリオ作成技術は「ここまでできれば十分」という明確なラインがありません。
そのため、自分の力が足りているのか、足りていないのかがわかりにくいものです。
RPA担当者としてのレベルアップを図るには、『RPA技術者検定』がお勧めです。

『RPA技術者検定』は、RPAに携わる業務に就くか、担当業務に対してRPAを活用していく上での、
RPA、WinActorの基礎知識からシナリオ作成の実践に至るまで、自らの実力を測る検定となります。

TOP RPA技術者検定 RPA技術者検定 エキスパート 合格者インタビュー 辻 弥生さん NTTビジネスソリューションズ株式会社

RPA技術者検定 エキスパート 合格者インタビュー

辻 弥生さん NTTビジネスソリューションズ株式会社

第15回(2022年2月)合格

現在のお仕事内容を教えてください。

請求・支払・仕分入力などの経理システム操作 データベース更新など

業務でRPA(WinActor)とは、どのような関わりがありますか。

自身の担当する経理システム操作の一部をWinActorを使用して自動化し活用している。

受検のキッカケを教えてください。

担当部署内でWinActorの利用を促進していくために行動したいと考えるようになりました。
説得力のある働きかけのためには、まず、WinActorへの理解を深めることが必須だと思いましたので、受験勉強を通してWinActorでできることを、もっと知りたいと考え、受験することにしました。

受検にあたり、どのような勉強をどのくらいしましたか。

・マニュアルの精読、ノートの作成(2か月)
・過去問題(販売されている3冊の問題を3回ぐらい):昼休みに1問ずつ2か月くらい
・動画サイトなどでの情報収集

受検に向けた勉強は、日頃の業務にも役立っていますか。

役立っています。
すぐに止まっていたシナリオが例外処理や分岐の利用などで止まらなくなりました。

合格して良かったこと、資格を持っていて良かったことを教えてください。

同僚から“業務に利用したい”と声をかけてもらえ、自信をもってすぐに具体的なアドバイスをすることができました。

エキスパート合格で得た知識や技術を今後どのように活かそうと考えていますか。

担当部署内での利用促進の活動に生かして行きたい。
WinActorの勉強を通じて、興味をもったHTMLやなんとなく使用していたVBAなどの資格にも挑戦していきたい。

今後受検される方へ、合格に向けてアドバイスをお願いします。

フォーラムや動画サイトなどで情報収集することで、自分にあった勉強法が見つかると思います。
WinActorの操作だけにこだわらずフローを考えそのフローを実現するために考え抜くのは、本当に楽しいことです。
ぜひチャレンジして、プロセスを楽しんでください。

※インタビュー記事内容は、合格者様の感想です
※合格者様のお仕事内容等は、インタビューご回答時のものであり現在と異なる場合がございます